ナノインパクト100

ナノインパクト100の評判

更新日:

ナノインパクト100の植物エキス成分について

成分をチェックする

頭皮の血行促進に役立つ成分

・センブリ抽出液

センブリは夏山で白く美しい花を咲かせる野草。昔から苦いものの代表としてよく上げられてきました。生命力が強く、採取しやすいことから、ゲンノショウコ、ドクダミと並んで日本では民間薬として最もポピュラーなものです。

胆汁・胃液の分泌を促進するお茶としておなじみですが、スウエルチノーゲンという成分に発毛を促す働きがあり、最近では育毛剤によく配合されています。

・チョウジエキス

チョウジ(丁子)は、クローブという別名のほうが知られているかもしれません。カレーのスパイスに使われるため、最近ではスーパーなどの調味料コーナーによく置かれるようになりました。チョウジノキという熱帯の樹木の花蕾を乾燥させたものです。

漢方では健胃薬として盛んに用いられてきましたが、オイゲニインという成分に抗菌作用があることが分かり、肌ケア商品にも配合されています。

・アルニカエキス

アルニカは高山で自生している雑草。日本ではウサギギクという名前がついています。エキスはその花から抽出されました。

保湿、抗炎症、血行促進、刺激緩和、収れん作用など、肌トラブル全般に効果があり、肌ケア用化粧品によく使われています。

また頭皮の刺激剤としても効果が期待できるため、育毛剤の定番の成分となっています。

●頭皮環境改善に役立つ成分

・キナエキス

キナとはキナノキの略で、アカネ科キナノキ属の植物の総称です。その代表的なものがアカキナノキ。その樹皮にマラリア特効薬のキニーネが含まれていたことから、世界の注目をあびるようになりました。

このキナエキスもその樹皮から抽出されたもので、強い苦味が特徴。肌を引きしめる収れん作用があり、頭皮にも効果が期待できます。

・冬虫夏草エキス

冬虫夏草はキノコの1種。何といってもその生育の方法が独特で、蛾の幼虫に寄生し、栄養分を奪いながら成長。夏になって地上に姿を現します。その名前も「冬の間は虫として成長し、夏になって植物に変わる」と勘違いされたことからつけられました。

男性ホルモンの抑制効果があり、育毛剤にもよく配合されています。

・オドリコソウエキス

オドリコソウは日本全土で見られる雑草で、若芽は天ぷらの食材にもなります。

その花は漢方の生薬として古くから用いられてきましたが、皮脂腺をコントロールする働きがあることから、シャンプーや育毛剤にも配合されるようになりました。

・ローマカミツレエキス

ローマカミツレは「ローマンカモミール」とも呼ばれるカモミールの1種。キク科に属していて、菊に似た花を咲かせます。地中海沿岸では古代から薬草として知られていて、ハーブティーとして愛飲されてきました。

消炎効果、抗菌効果、皮膚代謝促進効果を備えていて、肌ケア商品や育毛剤の成分として活用されています。

・ビルベリー葉エキス

ビルベリーはブルーベリーの仲間。北欧の森で自生している植物で、カテキン、フラボノール、プロアントシアニジンなどのポリフェノールを豊富に含んでいます。

強い抗酸化作用を持つため、肌ケア商品に多く含まれています。

・ローズマリーエキス

和名でマンネンロウと呼ばれるハーブで、地中海沿岸が原産地。強い薬効を持つため、ヨーロッパでは昔から民間薬として用いられてきました。日本でもカレーやポトフのスパイスとして使用されることが多くなってきています。

強い抗菌・殺菌・保湿作用を持ち、肌トラブル全般に効果を発揮します。

-ナノインパクト100

Copyright© 『本当に効いた!ナノインパクト100の口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.