ナノインパクト100

ナノインパクト100のシャンプーについて

更新日:

ナノインパクト100とリアップX5プラスの比較

比較する
育毛剤はいくつもドラッグストアに並んでいますが、その中で最も知名度の高いもののひとつがリアップX5プラスでしょう。テレビでもCMが流れるため、薄毛で悩んでいない人でも名前を聞いたことがあると思います。

リアップX5プラスの特徴は、何といっても市販育毛剤の中で唯一の第1類医薬品だという点。つまり厚生労働省が「発毛効果がある医薬品」として認可をしているわけです。

主要な有効成分は、「ミノキシジル」という物質。もともと血圧降下剤で、血管拡張、血行促進の働きを備えています。

そのほかに、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、i-メントールが発毛をサポートする成分とされています。

しかし、ピリドキシン塩酸塩は0.05g、トコフェロール酢酸エステルは0.08g、i-メントールは0.3gと、ごくわずかの配合にとどまっています。

一方、ミノキシジルは5gも含まれていますから、リアップX5プラスの発毛効果は「ミノキシジルの血行促進に頼っている」と言い切っていいでしょう。

そして、ナノインパクト100の方は医薬部外品。医薬品ではないので効果が劣るのかといえばそんなことはありません。緩やかな育毛効果はちゃんと認められており、優しい成分が使われているだけに副作用の心配が少ないのがメリット。長期間使うことによって、ゆっくりと効果をあらわしていきます。

そして、ナノインパクト100の特徴は配合成分が非常に多いこと。その数は50を越えます。

これほどの成分が配合されているのは、「頭皮環境改善」と「頭皮の血行促進」、そして「男性ホルモン抑制」を目標にしているからです。

まず頭皮環境改善には、ヒノキチオール、ペンチレングリコール、様々な植物エキスがアプローチし、炎症などのケアを行います。

また高い保湿力と親油性を併せ持つアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムが潤いをキープ。頭皮を健全な状態へと導いてくれます。

そして頭皮の血行促進には、センブリ抽出液、チョウジエキスなどが効果を発揮。しかもリアップX5プラスのミノキシジルと違って天然由来のものばかりなので、肌への刺激も少なくてすみます。

最後に男性ホルモン抑制成分として、ビワ葉エキス、ヒオウギ抽出液、オウゴンエキスなどを配合。男性型脱毛症の原因となるジヒドロテストステロンの活動を阻害し、過剰な抜け毛を防いでくれます。

リアップX5プラスは、確かに頭皮の血行促進に関しては効果が高くなっています。しかし、頭皮環境の改善効果や、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する成分は含まれていません。しかも医薬品だけに副作用の心配もあります。

もし急激な効果を望まないのなら、ナノインパクト100の方が優しい育毛効果が見込めますし、肌に刺激を与えずにすみます。

特に皮膚が弱い人には、ナノインパクト100を使うことをおすすめします。

ナノインパクト100の開発・販売元について

開発するイメージ
ナノインパクト100の開発・販売元はホソカワミクロン化粧品株式会社。

元はホソカワミクロンの事業部でしたが、2014年9月に子会社として独立。まだできたてほやほやの新興企業といっていいでしょう。

ただ、親会社のホソカワミクロンの方は1916年に設立された老舗。初代社長が島津製作所から独立して始めた「細川鉄工所」がその母体となっています。

穀物、野菜、魚肉などの食品から化学薬品まで、様々な物質を粉砕する機械を製造していて、1989年には東証1部に上場しています。

欧米、アジア各国に支店が設けられていて、その分野ではトップクラスの企業。その信頼性は抜群といっていいでしょう。

-ナノインパクト100

Copyright© 『本当に効いた!ナノインパクト100の口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.